【オーストラリアのワーキングホリデー】費用や学校、仕事まで後悔しない情報集め!

この記事は約7分で読めます。

オーストラリア ワーキングホリデー

ワーキングホリデーを考えているならオーストラリアは絶対おすすめです。

なぜならオーストラリアはワーキングホリデービザで最長3年もいられる特別な国です!

私はずい分前になりますがオーストラリアへワーキングホリデーに行きました。そして2019年に息子がワーキングホリデーでオーストラリアへ行きました。

そんな経験からこの記事ではオーストラリアへワーキングホリデーに行こうと思っている人の参考になるよう、費用のこと、学校のこと、仕事のこと、住まいのことなどいろいろな情報をお届けします。

にいな
にいな

この記事を読むとワーキングホリデーで後悔しないための準備は何をしたらいいかわかります。

ワーキングホリデーは自分の人生を大きく変えるターニングポイントにもなります。そんな体験を交えたワーキングホリデーの情報をお楽しみください。

ワーキングホリデーを考えたら大切なのは英語の準備!英語学習でおすすめのオンライン英会話についてまとめた記事はこちらです。
格安でおすすめのオンライン英会話3選!レッスン内容バッチリで1レッスン数百円~

ワーキングホリデー オーストラリアの費用はいくら

ワーキングホリデー 費用
ワーキングホリデーに行くためにはいったい費用はどれくらいかかるのでしょうか。
おおよその費用をご紹介します。

まず初回のワーキングホリデービザ代は豪ドル495(約4万3千円)です。
オーストラリア大使館のホームページより

ビザ代以外の費用もリストにしました。

【オーストラリアのワーキングホリデー】 1年間のおおよその費用はこちら

ビザ申請料金 約4万3千円
往復航空運賃 10万円前後
海外留学保険 約20万円
学費(1か月) 約20万円
宿泊費 約70万円
生活費 約50万円
合計 約174万3千

これはかなり安く見積もっての値段です。
食費はアルバイト先で1~2食はもらえる計算で、宿泊費はホームステイかシェアハウスです。

ワーキングホリデーでバイトをすればバイト代が入ります。オーストラリアの時給は高いので生活費はバイト代で十分賄えますし、節約すれば貯金も可能です。

ちなみに2019年息子がワーキングホリデーに行ったときの費用です。

  • ビザ申請料金 約4万3千円
  • 往復航空運賃 約6万円(海外からなので日本より安い)
  • 手持ち金 10万円

でした。

そして1年後帰ってきたとき100万円ほど貯めてきました。

オーストラリアのワーキングホリデービザの申請

オーストラリア大学留学 ビザ
オーストラリアのワーキングホリデービザの申請はオンラインのみ受け付けです。

オーストラリア政府の公式サイトから申し込みます。

公式サイトはこちら:
https://online.immi.gov.au/lusc/login
*現在は新型コロナウイルスの影響でオーストラリアへ入ることはできません。

もちろん全部英語でかなり面倒ですので、エージェントと頼むのがおすすめです。自分で挑戦したい方はこちらのページで申請の流れを図解入りで説明しています。参考にして下さい。

【画像付き】オーストラリアのワーキングホリデービザ~オンライン申請方法

語学学校へ入る予定の人は、学校もビザの手続きもエージェントにしてもらうと簡単で楽ですよ。

どこのエージェントがいいか決まっていない人は、手数料無料で相談できるエージェントがあります。おすすめエージェントは以下の記事にまとめました。

オーストラリア留学おすすめエージェント5選|利用するメリット・デメリットも解説

オーストラリアのワーキングホリデービザは、2回まで延長できます。

  • 2回目のビザ申請条件:1回目のビザの間に地方で指定された仕事に3ヶ月以上従事すること
  • 3回目のビザ申請条件:2回目のビザの間に地方で指定された仕事に6ヶ月以上従事すること

申請には上記の条件を満たす必要があります。3回目は多少厳しくなりますが、それでも給料の高いオーストラリアで働くと、結構な額の貯金もできますよ。

ワーキングホリデー健康診断や保険

ワーキングホリデー 保険
健康診断はオンラインでワーキングホリデービザの申請をしたあと、必要だとメールで連絡が来ます。

日本に住んでいる場合はほとんど不要です。ただし日本のパスポートでも海外に住んでいると健康診断を求められることがあります。

健康診断の証明提示を求められたら医療機関で英文の証明をもらいメールで送信します。この健康診断費用は実費です。

また海外で病気になると医療費が高くて驚きます。学生ビザで必須の保険もワーキングホリデービザは必須条件ではありません。ただ万が一のことを考えると入っておいた方が安心ですね。

保険は現地に行ってから入ることもできますが、慣れない土地で英語の保険に入るのは大変です。できるだけ日本で入っていくことをおすすめします。

語学学校の学費

ワーキングホリデー 語学学校
ワーキングホリデーでいきなり仕事を探すのは大変です。そこでまず語学学校へ入ることをおすすめします。英語の基礎を学ぶこと、人脈作り、そして情報収集できます。

語学学校の料金の目安は1か月20万円ほどですがこれはエージェントに相談して、自分に合ったところを探しましょう。

また学校が合わないケースもありますから、学費はできるだけ1ヶ月分にしてよければ現地で延長するか、どうしても合わなければ現地で他の学校に変わることもできます。現地で臨機応変に対応できる方がいいですね。

ちなみにオーストラリアのワーキングホリデーで学校に通えるのは1年ビザのうち最長4ヵ月です。(2年目のビザ、3年目のビザも4カ月ずつ就学できます)

しっかり英語を勉強したい方は、ワーキングホリデービザでなく学生ビザですね

語学学校で上のクラスに入れると、外国人の友だちが作りやすくなります。ここで海外の人脈を作れると、その後のワーキングホリデーも英語を使う機会が格段に増えます。英語は使えば使うほど上達できるでしょう。語学学校ですこしでも上のクラスに入れるよう、日本から英語の準備をしておくことは、ワーキングホリデーを成功させる重要なカギとなります。

ワーキングホリデーを考えたら、すぐに英語学習をはじめてくださいね!おすすめは手軽にできるオンライン英会話。以下の記事はおすすめのオンライン英会話についてまとめています。
格安でおすすめのオンライン英会話3選!レッスン内容バッチリで1レッスン数百円~

ワーキングホリデー オーストラリアの住まい

ワーキングホリデー トラブル

住むところもまず学校の寮や学校から紹介されたホームステイに1ヶ月申し込むのがおすすめです。

現地に行けばシェアハウスの情報があるし、学校の友達と家を借りることもあります。学校の寮やホームステイよりは確実に安いので、慣れてきたら自分で部屋を借りる人がほとんどです。

私も最初ホームステイでその後シェアハウスに移りました。そこでいきなり友達を連れてこられたり、私の食材を食べられたり、いろいろ問題もありました。

その時のことはこちらの体験談で紹介しています。
【ワーキングホリデー体験談】オーストラリアでシェアハウスのトラブルに直面

【オーストラリアのワーキングホリデー】費用や学校、仕事など後悔しない情報集め!のまとめ

オーストラリア留学 にいな

ワーキングホリデーは本当にいい経験になります!費用はかかりますが、現地で働けばそれなりに収入が得られます。

オーストラリアの今の時給は日本より高く、日本食レストランで約2,000円。しかもすごい豪華なまかない付き。 和牛ビーフやお寿司が食べられるところもあります。←娘のバイト先

にいな
にいな

若いうちに海外で生活することはとても貴重な体験です。ぜひ利用してもらいたいです!

ただワーキングホリデーで英語の習得はなかなか難しいかもしれません。英語が話せないとどうしても日本語環境の仕事になって、英語を話す必要はないからです。

私は日常英会話程度を話せるレベルでワーキングホリデーに行きました。おかげで現地ツアーガイドの仕事が見つかり、運転手さんやホテル、レストランの人と英語でやり取りをしていました。

ワーキングホリデーを成功させるには、出発前の英語の準備が本当に大切です。

そのことはこちらの記事で力説しましたので、ワーキングホリデーを真剣に考えている方はぜひお読みください!
ワーキングホリデーの成功は出発前の英語力で決まる理由!~英語力あり、ゼロの違い

ワーキングホリデーで英語を身につけたかったら、日本で英語の準備をしておくことが非常に大切です。

英語の準備にはオンライン英会話がおすすめですよ!

ワーキングホリデーの体験談を集めました

タイトルとURLをコピーしました